スキー

2010年10月 6日 (水)

ベストスキー完結編

皆さんこんにちは、ニュージーランドの個人旅行専門店・グローバルネットの上田です。既に10月に入り、スキーシーズンも残すところあとわずか・・・。ちなみにマウントハットは10月17日までの営業です。ベストスキー終了直後にクライストチャーチ地震があり、やっと落ち着いたと思ったら、オフィスの移転などもあり、10月に入ってやっと正常な生活に戻ったところです・・・。この回でベストスキー完結させちゃいます!

<ベストスキー3日目>
今日は朝から天気がよく、ベストスキーのお客様は念願のヘリスキーに参加する事ができました。Bさんはヘリスキーが初めてだそうで、朝からドキドキだったそうです。ちなみに今回参加して頂いた2名様は2人共「マイファットスキー」を日本からお持ちになりました。
P1050232
その幅の広さと来たら・・・。私の新車と比べて下さい。
P1050237
途中ワナカ湖のトイレで休憩です。今日もいい天気です。
P1050239
セーフティーブリーフィングから始まります。ヘリスキーガイドの「カレンさん」は、日本語を話します。
P1050241
さて、いよいよヘリコプターが私達をお迎えに来ました。
P1050245
ノミのように見えるのは、全て羊さんです。aries
P1050249
少し雲がかかっている。前の組が滑り始めていました。
P1050255
さてAさんの一本目!いやいや本当に9月?って思うくらい雪質最高です!
P1050273
さて晴れ間を探して2本目のフィールドへ。すると目の前に前の組が滑っている!結構な急斜面だな~。
P1050286
ヘリスキー初めてとは思えないBさんの滑り。
P1050308
さぁ~ランチタイム!restaurant
P1050315
ランチを食べているうちに、雲ひとつない晴天になってきました。
P1050337
さて、午後の1本目はランチを食べながら見ていた、この美味しそうな斜面からです。
P1050343
このシュプール観てください!パフパフでした。
P1050355
思わずにやけて滑っちゃいますよね。(Bさん白い歯が見えています)
P1050359
Aさん横顔だけど、絶対に歯が見えているはずです。smile
P1050402
無事に4本の滑走を終了!観てくださいこの嬉しそうな顔。えっ一番嬉しそうなのは私ですって?当然フィールド調査です。

<ベストスキー4日目>
今日はクイーンズタウンを後にして、テカポへ向かう日です。途中どこで滑ろうか・・・?参加者のご希望もあり、カードローナスキー場へ行きました。
P1050408
2~3年前に新しくなった、ホワイトスターエクスプレスです。このリフトがオープンした時は、NZ当時の首相「ヘレンクラーク」もセレモニーに参加したんですよ。今年また1本のリフトが高速リフトに架け替えられました。
P1050410
スキー場一番奥にある、キャプテンズが高速リフトになっていた。これで輸送力アップです。upこの日オフピステは、クラスト気味なので、しばらくは圧雪コースを滑るのですが、これがまたエッジがかんで気持ちいいクルーズが楽しめる。新車の板がいいのか、それとも私の足前がいいのか?(おそらく前者)
P1050431
カードローナの正面には、パーク専用スキー場「スノーパーク」と、クロスカントリー専用の、スノーファームがあります。
P1050435
向こうに見えるのが、ホワイトスターエクスプレスです。ちなみに、これどこ滑ってもいいんですよ~。ski
P1050421
カードローナは、一見やさしそうなスキー場に思えるが、こんな岩場も滑る事が出来るんです。
P1050418
午後になり、雪が緩み始めたのでオフトレイルを気持ちよく滑りました。オフトレイルを豪快に滑るBさん。
P1050440
この日一番滑りやすかった、キャプテンズリフト横のオフトレイル。
P1050442
キャプテンズリフト乗り場にあった、「ゆきだるま」です。名前はアニーだそうです。やっぱりキーウィってユーモアありますよね。
この後、カードローナを後にしてテカポへ向かいました。
P1050466
到着後には名物のサーモン丼を頂き明日に備えます。明日の天気予報がいまいちです・・・。sleepy

<ベストスキー5日目>
ガ~ン、いやな予報が当たってしまった。本日テカポ周辺スキー場は強風のため全てクローズです・・・。いや~クイーンズタウンでヘリスキーできて良かった!本来はマウントクックヘリスキーを狙っていたのです。空は青いんですが風が強い・・・。「今日は休息日にしましょう」とベストスキーご参加のお客様から暖かいお言葉が・・・。crying では昼からテカポ観光へ行きましょう。という事になり、今日はスキーはお休みです。
P1050472
マウントジョン山頂から見たテカポの町です。この山から見る湖はこれまた綺麗なんです。
P1050471
ね~綺麗でしょ。heart01
P1040790
よき羊飼いの教会です。
P1050483_2
牧用犬の銅像も。さぁ~その後は、ローカルバーに行ってランチタイムです。
P1050492
巨大ハンバーガー。フライドポテトがてんこ盛りです。
P1050493
こちらは、NZ名物のムール貝です。写真には写っていないけど、昼間からビールを頂いちゃいました。
P1050494
バーの窓から見える景色。
P1050496
こんなに晴れているけど、風が強いんですよね~。明日に期待しましょう!

<ベストスキー6日目>
P1050499
いきなりですが、ホテルのベランダからの景色です。朝日が眩しい!さっそくスノーインフォをネットでチェック。予定していたドブソンクローズしているので、ラウンドヒルへ行く事に。
P1050500
ラウンドヒル駐車場到着です。
P1050582
ラウンドヒルは、メインTバー1本と、なんと今年新設されたロープトーが1本あります。
P1050555
これがそのロープトーです。NZで一番急斜面にあるロープトーだそうです。今日はオフトレイルのコンディションが良くなかったので、ロープトーはクローズでした。それにしても、なぜこんな急斜面にロープトーなんだろうか・・・?でもこのロープトーのに乗れば、それはそれはものすごい斜面を滑ることが出来る。斜度はどれくらいあるだろうか・・・?おそらく35度近くはあるだろうという斜面で、勿論圧雪車も入らないので、山全てオフピステです。降雪の後に来て見たいです。
P1050521
ラウンドヒルからは、テカポ湖が一望できるんです!見てくださいこの景色最高でしょ!
P1050542
山頂から見た景色です。
P1050565
湖の飛び込むように滑るんです。
P1050579
綺麗な景色を観ながらのクルージングは最高です!
P1050514
本当に景色は最高ですよ~!
さて、ラウンドヒルでのスキーも終わり、いよいよクライストチャーチへ向かいます。
P1050585
子羊が生まれるシーズンなんです。(クライストチャーチに向かう道中にて)
P1050591
クライストチャーチ到着日は、参加者からリクエストがあったイセエビをオーダーしておきました。日本食レストラン「キンジ」でイセエビの盛り合わせです。牡蠣もあるよ。restaurant
美味しく頂き、ほろ酔い気分で解散。明日はスキーはしないで、1日買い物&観光の予定です。しかし・・・、その翌日の朝方に地震発生・・・。
怪我もなく、無事に帰国されましたのでラッキーでした。

今回のベストスキーは、3名でツアー催行予定だったのが1名ドタキャン・・・(汗)。2名様でベストスキー催行させていただきました。その甲斐あって、アットホームな雰囲気でお客様も満足して帰国してもらえましたし、私自身もフィールド調査が出来たので大満足です。
また来年ベストスキーの募集をしますので、参加ご希望の方はお早めに!

P1050297

あらあら、シーズンを振り返ってみると、なんと今年はヘリスキーを3回もやってしまったのです。3回もフィールド調査が必要なのか?調査は何度でもいいと思います。coldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

ベストスキー・サザンクロス その2

皆さんこんにちは、ニュージーランドの個人旅行専門店・グローバルネットの上田です。ベストスキー初日、天気が今ひとつパットしない・・・。カードローナは、ホワイトアウト・・・。コロネットも雲の中・・・。参加者と話して、とりあえずコロネットピークへ行くことにしました。がしかし・・・、車を走らせると、コロネットピークにはかなり分厚い雲がかかっている。急遽予定変更で、リマーカブルズへ行くことに。一般のツアーでは絶対に出来ない神業。
P1050225
リマーカブルズへ到着です。ん~天気悪いな・・・。
P1050196
リマーカブルズは、オフピステが豊なスキー場です。ですが、この日は、視界が悪いというか、雪面が見えない・・・。おっかなくて思いっきり滑れない。ちょっと雪が強くなってきたので、一旦レストランでランチを取ることに。スーパー晴れ男のはずなのに・・・。ランチを食べていると、雪は降ったり止んだり・・・、風も時より強く吹いたり、コンディションとしては悪いほうです・・・。ランチを食べた後に、気を取り戻して午後のスキーへ出かけることに。「食後の運動に、ハイクアップしておきますか?」の一言に、お二人とも首を縦に振り、さっそくハイクアップすることに。リマーカブルズの名物コース「エレベーター」へ行くことにしました。
P1050189
コース入り口は、かなりの急斜面です。やはりここはパスすることにして、少しワイドでなだらかな斜面へ。以外とパウダーが残っているように見えるが、やはり雪面が見えないぞ・・・。足裏で探りながら、なんとかパウダーを滑り終える。以外と悪くないぞ。下で待っていると、Nさんが滑ってきて、「こんなコース日本にはないですよ!」少し興奮気味。あ~天気良くなれば、と言うかせめて雪面が見えるようになってくれれば・・・。P1050207
あっ晴れてきた。やはり私はスーパー晴れ男だった。
P1050197
早速リマーカブルズの名物、「ホームワードラン」へ。視界もいいし、ブルースカイも見え始めてきた。トラバースして、なるべく荒らされていない奥へ奥へと進む。P1050201
Bさんの豪快な滑り。skiホームワードランを滑り終えて、満足度アップ。up
P1050220
大分テンションあがってきたBさん。
P1050223
こちらはAさんの滑り。
P1050208
その後も、オフピステを探しながらヘリスキーの予行演習に余念がないAさん。今日は、本当に変わりやすい天気だ。帰るころには、雪がちらほら舞ってきた。P1050230
初日を終えて、ハッピーアワーで一杯飲んだ後、今日の夕飯は、NZ名物「ラム肉」を食べることに。それがかなりのボリュームで・・・、完食できずに少し残しちゃいました。天気予報を見ると、明日と明後日は天気良さそうだけど、3日後から下り坂。ヘリスキー申し込んじゃいました。さて明日はヘリスキーいけるかな?P1050217
幻想的な一枚。本当に天気が変わりやすかった・・・。明日はヘリスキーに行けるかな・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

ベストスキー・サザンクロス その1

皆さんこんにちは、ニュージーランドの個人旅行専門店・グローバルネットの上田です。今年のスキー滑走日数が、例年に比べてかなり多くなりそうな予感。8月29日からは、私が企画し、ガイドまで勤めてしまう、「ベストスキー・サザンクロス」が催行されます。参加者が到着するのが29日なので、前日にクライストチャーチから愛車ハイエースでクイーンズタウンへ向かうことに。rvcar
P1050148
車を運転しながら撮った、「レイクダンストン」
当初は3名の参加者が居たのですが、1名が急遽キャンセル、「ガ~ン・・・down」。もしベストスキーをツアーキャンセルしたら、せっかく楽しみにしている、2名の参加者に申し訳ない・・・。2名様でベストスキー催行させて頂きました。
以前にも、ニュージーランドスキーツアーでお世話をさせて頂いた、Aさんとそのご友人Bさん。
P1050167
お二人様クイーンズタウン空港到着。airplane ピンボケですみません・・・。
P1050171
早速ランチを食べに、ワイナリーレストランへ行くが、なんと予想もしなかった満席。
「じゃぁ~アロータウンへ行ってみましょう。」小さなカフェで食べた、マッシュルームのスープは、ボリュームたっぷりでした。その後は、スーパーへ向かいお酒の買出し。beer(合宿じゃないんだから。)
P1050178
夕方バーへ向かい、ハッピーアワーで一杯飲みながら、バーで夕食を済ませることに。ボリューム満点の「ナチョス」
P10501811
こちらもボリューム満点の、「ローストビーフ」。restaurant
さて食事も終わり、明日からのスキーに備えて早く寝る予定が、ついつい部屋飲みで遅くなってしまいました。wine 初日から部屋のみとは、この先楽しくなりそうです。up
P1050176
今回は楽しみがもう一つ。昨年約束したスキーショップを経営するEさんが、東京からスキー板を持ってきてくれました。Eさん、本当に有難う御座いました。smile
ストックリー・ワールドカップ・170Cm・R15.6です。
久しぶりの新車とても楽しみ、早く明日にならないかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

スキーシーズン真っ只中 (オハウスキー場)

皆さんこんにちは、ニュージーランドの個人旅行専門店・グローバルネットの上田です。中西スキー塾ご一行様とも終盤を迎えて、オハウスキー場へ行ってきました。マッケンジーエリアにあるこのスキー場は、同じ名前の湖があるんです。「レイクオハウ」は、氷河の溶け水によって作られた湖なので、エメラルドグリーン(バスクリン色とも言う)をしている、とても神秘的な色の湖です。
P1040859
これはオハウではないですよ。道中にある「プカキ湖」です。晴れていれば、正面にマウントクックが見えるんですが、今日はあいにく曇り空・・・。cloud プカキ湖も氷河湖なので、エメラルドグリーン色なのですが、紫外線が当たらないとあの色って出ないんですよね。
P1040861
オハウ到着です。ゲレンデマップと、下にあるカラフルな表は、「雪崩の危険性」を示しているものです。今日はイエローなので、危険度「小」です。安心してバックカントリーへどうぞ。
P1040864
リフトから振り向いてみると、なんとオハウ湖が真後ろに見えます。雲がかかっているので、湖の色が今ひとつだな・・・。
P1040870
大きなボウル状になっているオハウスキー場には、圧雪したコースもあります。険しい山々も見えます。
雪が降ったら、両サイドはオフピステが豊富なスキー場です。今年は少し雪が少なめだ・・・。
P1040881
朝はバーンが硬いので、早めにランチにして午後にかける。レストランのテラス席です。晴れたらオハウ湖を観ながらのランチが美味しそう。
P1040880
レストランの中です。木のぬくもりが感じられるこじんまりしたレストランです。restaurant暖炉もありましたよ。
P1040883
ん~晴れてこないな・・・。
P1040891
と思っていたら、晴れてきた!sunやはり私はスーパー晴れ男?
早速スキーを履いてゲレンデへ!そしてすぐにハイクアップ。中西スキー塾の皆さんは、本当に登るのが好きと言うか、パウダーを求めてどこでも行く感じですね。
P1040895
たまたまパトロールのお姉さんもハイクアップしてきたので、「すみませ~ん、写真撮ってください!」
中西スキー塾の面々と、「ハイ・キーウィ」camera
P1040896
山頂付近からオハウの裏側を望む。雪はあまりよくなかったけど、山頂まで行った達成感はある。
P1040904
スキー場にこんなものが。キーウィってやはりユーモアありますよね。
P1040902
今日も1日よく滑りました。ski オハウ湖をバックに、ソロで写真を撮ってもらいました。いやいや楽しそう!じゃなくて、フィールド調査という仕事です。coldsweats01
オハウスキー場も、オフピステが豊富なスキー場ですが、雪が少なめだったのと、オフピステが緩み始めたのが午後遅くなってからだったので、100%は楽しめなかったかな・・・。また来年訪れてみたいと思います。スキー場に向かって左側の斜面は、なかなか急斜面で面白そう。ドブソンに比べると、ブラックダイヤモンド(急斜面)が多くなかなか手ごわいスキー場だ。
P1040907
だけど一番の急斜面というか、恐かったのはこの山道です。トリプルブラックダイヤモンド級です。助手席に乗っていた中西塾長は、げんこつを握りながら終始右足に力が入っていたそうな。

さぁ~来週はクイーンズタウンへ、またフィールド調査出張です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

スキーシーズン真っ只中 (ウィルダーネスへリスキー)

皆さんこんにちは、ニュージーランドの個人旅行専門店・グローバルネットの上田です。中西スキー塾ご一行様とテカポ滞在中に、なんと究極のヘリスキー「ウィルダーネスヘリスキー」に行ってきました。私は勿論フィールド調査という仕事です。coldsweats01何が究極かとい言うと、景色も究極だし、滑る斜面がこれまた究極なのです。(斜度35~40度なんてのもあります。) 朝のうちは曇っていたけど、段々と晴れてくる予想です。とりあえずマウントクック空港へ出発!rvcar

P1040912
マウントクック空港です。
airplane 数年前までは定期便も飛んでいたけど、今は遊覧飛行やヘリスキーのベースとなっています。

P1040910

ヘリコプターが、前の組をお迎えに来ました。しかし、かなり接近している・・・。

P1040922

さて私達もヘリコプターに乗り込み、いざフィールドへ!upこれはタスマン氷河湖です。山が水面に写って美しいです。マウントクックが雲で隠れている。(残念)

P1040931

タスマン氷河の末端部です。土砂がかぶっているから、結構汚く見える・・・。

P1040939

1本目のフィルードに着陸。ガイドのベン(カナダ人)がスキーをバスケットから出してくれる。
P1040940


そしてヘリは飛び立っていく。

P1040943

 

マウントクックの頂上がもう少しで見えそう。朝の天気がうそのように晴れてきた。sun

P1040946

豆粒みたいのがスキーヤーです。「人間ってちっぽけ」と思う瞬間。というか自然が大きいんですね。
P1040981

 

そしてヘリがお迎えに。
P1040970

これまた極上パウダーだよ。
P1040978

自分のトレイルを見るのは、やはり快感です。
P1040990
本当に自然は雄大だ。

P1040992

さて午前中のランも無事に終わって、待ちに待ったランチタイム!自分のトレイルを見ながらのランチは最高です。
P1040994

決して豪華ではないが、大自然の中で食べるランチはまた格別です。
P1040998

私達を運んでくれるヘリコプター
P1040971
午後もパウダーランが続く。ski
P1050012
氷河上を滑ると、遠くには不気味なクレバスが口をあけている。

P1040996

中西スキー塾ご一行様と私。camera 今日は5本の滑走をこなし、皆さん大満足です!私も大満足!勿論仕事です。scissors ニュージーランド国内数箇所でヘリスキーを催行しているが、やはりマウントクックでのヘリスキーは一味も二味も違う。マウントクックでの究極のヘリスキー、是非お試しあれ!ヘリスキーのことなら、フィールド調査済みのこの私に何でも聞いてください!ヘリスキーの予約も代行します!勿論手数料なんていりません。

 P1040961

雪層調査を行うヘリスキーガイドのベン。ファンキーだけど、以外と仕事してるじゃん。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

スキーシーズン真っ只中!

皆さんこんにちは、ニュージーランドの個人旅行専門店・グローバルネットの上田です。8月も中盤に入り、NZはスキーシーズン真っ只中です。さて8月16日から8日間の日程で、中西スキー塾ご一行様がニュージーランドへいらっしゃいました。2年前にスキーに来た際に、「次はどこがいいかな?」などと2年後の計画を立て、いよいよ2010年テカポに宿泊しながら、周辺のスキー場とマウントクックでの究極のウィルダーネスへリスキーを楽しんじゃおう!ということで、今回は小さな教会(良き羊飼いの教会)で有名な、テカポに宿泊することにしました。
P1040788
良き羊飼いの教会。その向こうには、雪化粧をした山が見える。
P1040797
さてお泊りですが、私は4度目の利用になる、ペッパーズブルーウォーターリゾートです。
P1040857
窓からはテカポ湖が見えます。雪山も美しい・・・。snow
スキー初日は、足慣らしでいざマウントドブソンへ。テカポからは車で約1時間ほどで到着。car今年のドブソンは、積雪量が250Cmとコンディション抜群!(ちなみにマウントハットが200Cm)
P1040803
とりあえず、お約束の「ハイチーズ」camera 中西スキー塾の面々。到着時は雲っていたが・・・。cloud
P1040808
早速パウダー求めてハイクアップです。それにしても、塾長を筆頭に、塾生もかなりの健脚です。
P1040813
雲の切れ間から青空が見えてきた。午後は、ブルースカイ期待できるかな?
P1040838
あら、本当に晴れちゃった!sunドブソンは大きなボウル状になっているスキー場です。ベースからウェストバレーを望む。
P1040836
Tバーリフト乗り場付近。
P1040845
Tバーリフトから、見たイーストバレー側。ドブソンは、オフピステが抱負だ。
P1040847
Tバーリフトから。

P1050025
さて、スキー場のカフェテリア。restaurantランチにしましょう。
P1050023
すんげ~ローカルチックなカフェテリアです。でもNZっぽくていいかも。smile
P1050024
ちなみにチケット売り場も兼用しています。
P1040854
いや~本当によく晴れてくれました。やはり「普段の行い?」と思ったのは私だけでしょうか?scissors
さて数日間のテカポ滞在、目一杯楽しみます。ではなく、仕事でした。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

コロネットピークスキー場

皆さんこんにちは、ニュージーランドの個人旅行専門店・グローバルネットの上田です。クイーンズタウン滞在中に、コロネットピークスキー場へ行ってきました。ニュージーランドを代表すスキー場、コロネットピーク・リマーカブルズ・マウントハットの3つのスキー場では、今シーズンよりリフトシステムがICチケットに一新され、各リフト改札もセンサー式の新リフトゲートシステムが導入されたそうなので、フィールド調査に行ってきました。ski
P1040670
これがICチケットです。名前とICチケットを受け取る際には、顔写真が撮られますが、顔写真がチケットに記憶されています。今は街中にある「スノーセンター」でリフト券を購入する事が出来るので、スキーに行く前日に購入しておくと、スキー場についてから列に並ぶ必要がなくとても便利です。
P1040663
いざスキー場へ到着。ベースの建物も随分立派になりました。
P1040661
日本の国旗もありますね。
P1040667
チケットオフィス。今日はあまり並んでないな。
P1040666
レンタルショップも充実。
P1040583
さていよいよ、新システムのゲートへ。「本当に無人だ・・・。」
P1040594
ICカードを、左右どちらかのボード(壁)に、近づけるとゲートが開きます。普通に素通りしようとすると、磁気が弱いのかゲートが開きませんでした。
P1040586
コロネットピークのベースと、その向こうにはリマーカブルズスキー場です。ワカティプ湖も綺麗ですね。今日も絶好のフィールド調査日和です。scissors
P1040590
ロッキーギャレイ も雪が十分についています。
P1040596
これぞニュージーランドスキーの景色ですね。下界には雪がないんです。
P1040601
こんな急斜面もあります。
P1040604
コロネットピークは、起伏がありオフピステもなかなか楽しいです。
P1040610
日本では珍しい、Tバーリフト。あれ、前で転んでいる。
P1040612
右側がコロネットピーク山頂です。
P1040630
何年前だったかな・・・?新設されたグリーンゲートリフトは6人乗りです。
P1040648
グリーンゲートリフト上からスキー場を見渡す。
いやいや、今日のフィールド調査も約3時間で十分にさせて頂きました。happy01積雪量もまずまずで、今年は本当にいいシーズンです。いよいよ8月に入り、これからが日本からのスキーヤーが増える時期です。シーズンは10月まで続きますので、いまからでもニュージーランドスキーの計画を立てても遅くはないですよ!
P1040626
その際は、是非ご相談下さい。mailto 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

初滑りはヘリスキー

皆さんこんにちは、ニュージーランドの個人旅行専門店・グローバルネットの上田です。さてクイーンズタウン滞在中に、ヘリスキーへ参加しました。クイーンズタウンに到着後、なにげに明日の天気予報を見てみると、翌日と明後日は、ずばり晴れの予報が・・・。しかし後半は天気が崩れる予報・・・。「滞在後半は、あまり天気が良くないのか・・・ブツブツ」それじゃぁ~と、すぐに翌日のヘリスキー予約をしちゃいました。えっ!だって初滑りでしょ?でもヘリスキーって、天候に左右されるので、行ける時に行っておいたほうがいいんです。それに翌日の天気は、今までの経験から見ても、晴れの確立がかなり高い。しかも限りなくどピーカンに近い予報です。ヘリスキーに行きたくても、悪天候などで中止となり、最終的に待望のヘリスキーが出来ないで帰国する日本人スキーヤーを何人見てきたことか・・・。なのでどうしてもヘリスキーに行きたい場合は、初日(初滑り)でも行くべきです!さて翌日の天気予報は・・・、日本晴れならぬ「ニュージーランド晴れ」です。さっそくヘリスキー会社の送迎でワナカへ向かいます。
P1040491
ワナカ湖畔で休憩です。朝のうちは若干雲があったけど、しばらくするとピーカンになりました。ピーカンって死語ですかね?
P1040494
まずは今日1日の注意事項など、ヘリスキーガイドから説明があります。
P1040498
そんな時に、おやおや羊のお引越しが・・・。aries
P1040505
さていよいよヘリに乗っていざフィールドへ。
P1040506
さて私が乗ったヘリがフィールドへ到着しました。
P1040563
私達を降ろすと、ヘリは次のスキーヤーグループのピックアップに向かいます。
P1040515
いや~絶景だな!そこは白銀の世界。遠くにはワナカ湖も見えます。
P1040513
今日は最高のパウダー日和です。
P1040525
いや~いい斜面だな・・・。45度くらいありそうだな。ヘリスキーは安全第一なので、こういった斜面は滑れせてはくれないですね。
P1040540
ヘリはピストン輸送でスキーヤーを運びます。スキーNOWみたい。(古い)
P1040550
さて、いよいいお待望のランチです。ヘリスキーガイドがランチの用意をしてくれます。決して豪華ではないですが、大自然の中で食べるランチはまた格別です!restaurant
P1040553
さて午後一本目。これまたいい斜面です。good
P1040567
いや~今日は満喫させて頂きました。今年の雪の状態は最高です。ヘリスキーガイドのラッセルと「ハイチーズ」camera
今日参加したのは、クイーンズタウン・ワナカ・マウントクックでヘリスキーを催行している、ニュージーランドでは老舗ヘリスキー会社の「ハリスマウンテン」です。グローバルネットでは、予約を確実にするためにも、日本出発前の予約をお勧めしています。えっ?勿論予約手数料なんて要りません。さぁ~ニュージーランドでヘリスキーを体験すれば、彼方のスキー観(人生観)を変割る事間違えなし!
P1040562
本当に嬉しそうな顔しています。happy01
えっ今回の出張の目的ですか?勿論フィールド調査です。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月31日 (土)

クイーンズタウン出張

皆さんこんにちは、ニュージーランドの個人旅行専門店・グローバルネットの上田です。久しぶりにクイーンズタウンへ出張です。これから本番を迎える、スキーシーズンに向けての下準備やらで5日間の予定です。グローバルネットでは、スキーツアーを最も得意としているのですが、宿泊・チューニングルームの設置・その他もろもろを、毎年やって来る日本のレーシングチームに提供しているんです。やはりスキー専門の旅行会社だからこそ出来る至難の業です。なので、シーズンイン直前には全ての設備のチェックなどでクイーンズタウンへ来るんです。そして、初すべりもいつもこの滞在期間中です。一応スキーツアーの旅行会社なので、スキー場も見とかないとね。(笑)ski

P1040446

クライストチャーチ空港にて、プロペラ機へ乗車ですが、滑走路を歩いて行きます。

P1040448

上空から見た、カンタベリー平野とサザンアルプス。山って雪化粧してたほうが綺麗ですよね~。

P1040451

コーヒーカップは、勿論オールブラックス。ニュージーランド航空がオフィシャルスポンサーです。

P1040456

右側は、テカポ湖で左側にはプカキ湖、そして遠くにはマウントクックも見えるんです。

P1040463

プカキ湖は、氷河で削られて造られた「氷河湖」です。水の色がとても綺麗ですよね~。(この写真だとプカキ湖のミルキーブルーが分かりづらいかな?)

P1040464

ワナカ湖は、氷河湖ではないのが水の色を見ると良くわかりますね。

P1040470

カードローナスキー場を上空から。

P1040473
クイーンズタウン空港へ到着です。やはり滑走路を歩いていきます。絶景のフライトで、まるで遊覧飛行感覚です。クライストチャーチ~クイーンズタウン間は、わずか1時間ですので、是非窓側に座りましょう。そして進行方向右側がお勧めです。airplane

P1040483

クイーンズタウンの街中からリマーカブルズ山脈を望む。

さて、これから数日間クイーンズタウンで楽しみます。あっ勿論仕事です。(笑)

P1040486

巨鳥モア発見!ちゃんと「ウンチ」まであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

ヘリスキー

皆さんこんにちは、ニュージーランドの個人旅行専門店・グローバルネットの上田です。先日ワナカトリップの続きはまだあります!クイーンズタウン滞在中はヘリスキーに行っちゃいました。ヘリスキーって知っていますか?そうスキーヤースノーボーダーの憧れ、「ヘリスキー」です。クイーンズタウンの老舗ヘリスキー会社、ハリスマウンテンへリスキーに参加しました。リマーカブルズへご一緒させていただいた、五十嵐さんグループも勿論一緒です!またお邪魔しま~す。
ヘリスキーって、ヘリコプターをリフト代わりに利用して、山の頂上付近まで運んでもらい、そこから滑り降りるもの。そしてヘリコプターに再び乗り込み、山頂へ運んでもらう。それの繰り返しです。スキーも楽しいけど、ヘリコプターも楽しいですよ~!ちなみにスキー場の頂上ではないですよ!未開の地です。未開の地。周りにはリフトもないし、人もいないし、ゲレ食も、勿論羊もいない!aries なので、圧雪もしていないので、パウダーランなどが楽しめるのです。私が参加したときは、シーズン終わりのほうだったので、英語でコーンスノーという状態でした。(スペルが分からない、ゴメンなさい・・・。)だがこのコーンスノーはたまらないのです。一般的に春雪というと敬遠さえがちだが、このコーンスノーはちょっと違う。まるで水の上をスキーですべるような感覚です。一度滑ったら病み付きになる事間違えなし!scissors
ヘリスキーは天候によって、催行中止になる場合があるのですが、当日やや曇り空ではあるが、お部屋でヘリスキー会社からの電話を待っていると、「今日催行しますので、お迎えは8時です!」と日本語で電話が掛かってきた!telephone
P1020407
さぁ~車にスキー板を積んでいよいよ出発だ~dash 車内では、皆さん期待と不安が入り混ざって、非常に複雑な心境・・・。「大丈夫、大丈夫たのしいですよ!」楽観的な私。
P1020415
ヘリパッドのい到着後、ヘリスキー最中の注意や、雪崩に巻き込まれた際の注意等など・・・。雪崩トランシーバー(アバランチビーコン)の使い方などの安全講習会がある。皆さん真剣です・・・。
P1020414
さぁ~講習会も終わり、第一陣出発です。待機している人は、ドキドキです。heart02次は私達の番です。
P1020436
ヘリは私達を降ろして、次のグループをピックアップしに行きました。
P1020421
どうニヤついているでしょ。smile
P1020422
こういうところを滑ります。結構急な斜面だったな~、30度以上はあったはず。ムフheart04
P1020441
そして1本目が終わるとヘリが向かえに来てくれます。これが迫力あるんですよ~!
P1020431
そしてまた滑ります。遠くに見えるのは、ワナカ湖です。
P1020434
滑った後はランチです!
P1020435
大自然の中で食べるランチは、なぜか美味しい!
P1020458
そしてまたお迎えが来た。これからまた滑ります!
P1020456
ここも結構急な斜面だったな~。ワクワクです。heart04
とまぁ今日は、5本滑りました。ニュージーランド国内には、クイーンズタウン・ワナカ・メスベン、そして究極といわれるマウントクックでヘリスキーが楽しめます。私も各国でヘリスキーをしてきましたが、ニュージーランドの山は切り立った山が多いんです。ということは、急斜面が多くなるんですよね。ムフheart04
ニュージーランドスキーに来たら、ぜひヘリスキーに挑戦してみてください。「まだ技術が・・・」という方は、ファットスキー(普通のスキーに比べ幅が1.5倍ほどある幅広スキー)をレンタルする事をお勧めします。私が思うに、SAJ2級レベルあれば充分楽しめると思います。ファットスキーを借りれば、体力的にも大分楽になります。
ちなみに私はいつも、セミファットスキーをレンタルして参加します。
ファットスキーまで幅が広くはないのですが、普通のカービングスキーに比べると幅広です。
全てはご自身の判断ですので、セミファットでもファットスキーでも自分の好きなスキーをレンタルしてね。(マイスキーで行っていた、あの若かりし頃が懐かしい~。)
来シーズンは、是非ニュージーランドでヘリスキーに挑戦してください!予約ですか?勿論グローバルネットが、無料で代行しますよ。heart01
P1020454
午後もやはりニヤついています。smile
オマケの一枚。
090913hagley
ワナカトリップから戻った週末は、子供へのサービスデイ。仲良し3人組でハグレー公園にて思いっきり遊んでもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)