ウエシュラン(ホテル)

2012年11月16日 (金)

フカロッジ(HUKA LODGE) ★★★★★(5つ星)

皆さんこんにちは、ニュージーランドの個人旅行専門店・グローバルネットの上田です。久しぶりにウエシュランホテル編です。ニュージーランドには様々な宿泊施設があります。シティーホテルは一般的ですね。それにB&Bやレンタカー旅行の際に利用するのは、モーテル(モーターホテル)などが一般的です。しかしこのニュージーランドには、世界のセレブ達が宿泊するラグジュアリーロッジが国内に点在するんです。セレブが泊まる???どんなホテルなんだろうか??? ルレ・エ・シャトーに加盟するラグジュアリーロッジがニュージーランドにもあるのです。今回は、タウポにあるフカロッジ(Huka Lodge)に宿泊しました。聞いたことある人もいるでしょうね。それはそれは、国内でもトップ3に入ると言われてもおかしくない、超豪華ロッジです。
P1110068
ロッジの入り口です。以外とこじんまりしています。
P1110075
入り口の横には、ちゃんとルレ・エ・シャトーの目印がありました。
P1110120
いきなりですが、これバスルームです。豪華good
P1110109
アメニティも勿論一流ブランドで揃っております。
P1110111
簡単なキッチンもあります。ちなみにお酒(ミニバー)も飲み放題です!wine
P1110112_3
ワードローブも広々です。
P1110116
さてお部屋の雰囲気はこんな感じです。
P1110114_2
お部屋の外には、ワイカト川が流れているんです。そこで釣りも出来るんですよ。
P1110118
お部屋の雰囲気。
P1110076_2
正面玄関を入ると、2頭の鹿が出迎えてくれます。
P1110078
フライフィッシングの道具や、古い写真が壁に飾られています。
P1110090
ロッジの概観です。手入れのいきとどいた庭です。
P1110097
もう一枚、お庭です。
P1110101
ロッジの前にはワイカト川が流れています。
P1110079
このロッジはダイニングルームがいくつかあります。というか殆どがプライベードダイニングなんです。up
P1110085
テラスのダイニングテーブル。横には暖炉があります。
P1110094
お庭のおくには、隠れ家的なリバービューのダイニングルームがあります。
P1110080_2
朝食はこちらのダイニングで皆さんで頂きます。勿論天気がよければ、外のテラス席もありますよ。
P1110099
テラス席です。
P1110050_2
このロッジには、プールもあります。
P1110052
勿論スパ(ジャクジー)もあります。
P1110056
テニスコートだってあるんです。
P1110059_2
レンタルの釣竿もあります。宿泊客は勿論無料です。つり方が解らない?そんな時はフィッシングガイドがおりますのでご心配なく。(有料です)
P1110062_2
すご~い、ワインセラーがあります。wineここで食事も出来るのかな・・・?
P1110065
いったいこのセラーのワインだけで、いくらするのだろうか・・・?moneybag
P1110017
ホテルの敷地内って、公園みたいになっています。マイナスイオンたっぷりです。
実は・・・。sweat01
P1110014
私達はコテージに宿泊しました。これ私の家より大きいじゃん・・・。coldsweats01
P1110021
リビングルームです。
P1110022
角度を変えてリビングルームです。
P1110019
専用のお茶室?
P1110008
その部屋の中は、こんな感じです。
P1110003
ベッドルームです。
P1110001
バスルームです。
P1110024
キッチンです。
P1110027
飲み放題です。
P1110028
これ全部飲み放題です。
P1110009
専用のジャクジーです。
P1110131
専用のプールです。(ちょっとわかりにくいですね)
P1110133
専用のシェフ呼んじゃいました。
P1110135
で、作ってもらいました。restaurant
P1110138
これも作ってもらいました。もっと沢山料理あるのですが、この辺でやめておきます。
もうこれだけ見ればどれくらいすごいロッジか分かりますよね?
ニュージーランド国内には、沢山のラグジュアリーロッジがあります。
どれくらいの数があるかは、ニュージーランド政府観光局のサイトをご参考にして下さい。
ご予算に合わせて、ニュージーランド滞在中1泊2泊してみてもいいかもしれませんね。
----------------------------------------------------
フカロッジ
【住所】271 Huka Falls Rd, Taupo
【電話】07 378 5791
【コメント】
国内のラグジュアリーロッジにも何度か泊まりましたが、さすが世界のセレブが宿泊するだけあって、フカロッジはやはり素晴らしいです。
【ウエシュラン評価】
★★★★★(5つ星)
ご予約はグローバルネットへどうぞ。
----------------------------------------------------
ここに宿泊された著名人の名前がずら~とあります。
あれ、日本人の名前もあるぞ。eye当然ですが私ではありません・・・。sad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

ノボテルクライストチャーチ・カセドラルスクエアー ★★★★(4つ星)

皆さんこんにちは、ニュージーランドの個人旅行専門店・グローバルネットの上田です。さて、先月クライストチャーチに、新しいホテルがオープンしました。ここクライストチャーチでは、10年以上新規ホテルの参入がなかったのですが、アコーグループのブランドである、ノボテルがグランドオープンしました。さて早速ホテルの視察へ行ってきました。

P1030803

WARNERSという文字が見えますが、150年の歴史を持つワーナーズビルを改装した部分と、新しく新築したタワーとの2つから成り立っています。

P1030794_2
ロビー中央のシャンデリア。
P1030769_2
いやいや近代的なレセプションです。
P1030771

ノボテルでは、無料インターネットコーナーがあります。P1030784_2

もちろんジムだってあります。

P1030772_2

バーエリア。

P1030778_2

レストランです。奥の壁にはワインが所狭しとならんでいます。wine

P1030781_2

こちらにもワインが沢山。heart01

P1030777_2

レストランの窓から見える大聖堂教会。

P1030783

こちらもレストラン。

P1030782_2

ビュッフェコーナーrestaurant

P1030791

さてお部屋はこんな感じで、ベッドの大きさも十分です。

P1030790_2

他のホテルと違う点が、洗面所がバスルーム(風呂・トイレ)とは別にあるのが特徴です。ちゃんと鏡もありますよ。

P1030788

薄型テレビも当然あります。

-------------------------------------------------------
ノボテルクライストチャーチカセドラルスクエアー
【住所】50 Chasedral Square, Christchurch
【電話】03 367-8644
【コメント】
私も出張の際に、定宿して利用するノボテルですが、やはり新しいだけあって、客室内のアメニティや、ベッドまでモダンな新しいものが利用されています。また洗面所がバスルーム外にあるのが特徴ですね。相部屋の相棒が、バスルームを使用していても、洗面所が使えるのは嬉しいですね。あとは、なんと言っても、立地条件が素晴らしいです。大聖堂教会から徒歩30秒です!
【ウエシュラン評価】
★★★★(4つ星)
-------------------------------------------------------

P1030809_2

本当に徒歩30秒、大聖堂教会の真裏です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

その6 テカポ湖&テラスダウンズ★★★★☆(4.5星)

皆さんこんにちは、ニュージーランドの個人旅行専門店・グローバルネットの上田です。11月の旅行まだまだ続いています。あまりにも長いので2日分更新しちゃいました。マウントクックを後にして、テカポ湖でランチ休憩です。
P1030283
テカポにある、湖畔レストランで頂きました。お腹一杯になった後は、テカポの教会へ。
P1030288
あまりにも有名すぎる、テカポ良き羊飼いの教会。
P1030284
教会の窓越しに見るテカポ湖は、綺麗すぎる。
P1030286
この教会では、実際に結婚式も出来るんです。私の友人日本人カップルもこの教会で式を挙げました。(私の好きなアングルです)
P1030291
教会の横には、これまた有名な「牧羊犬の銅像」があります。モデルになった犬はいないので、あしからず・・・。
P1030293
本当に人気者です。でもこんな綺麗な景色を毎日見ているお犬様って幸せ。テカポ湖を後にして、テラスダウンズへ向かいます。
P1030299
テラスダウンズ入り口です。
P1030305
こちらがメインハウスで、プロショップやレストラン、ホテルのレセプションもこちらの建物にはいっています。
P1030326
ホテルのバーで昼間から一杯。beer
P1030325
こちらがゴルフプロショップ兼ホテルレセプション。以外とこじんまりしている。
P1030304
ホテルのお部屋からの景色。目の前が18番ホールでした。
P1030301
こちらもホテルの部屋から、18番ホールのティーグランドが見えます。部屋の写真は取り忘れたので、こちらから見てください。
翌日は、テラスダウンズでラウンドしました。
P1030306
1番ホール、ティーグランドから。golf 今日も快晴です!sun
P1030313
10番ホール、打ち下ろしでしかもクラブハウスの目の前なので、かなり注目を浴びる事間違え無し。coldsweats01
P1030316
本当によく晴れてくれました。雲ひとつ無いNZ晴れ。
P1030318
本当に雄大な景色を見ながらのゴルフは気持ちがいい。あまりにも気持ちが良すぎてスコアーが全く気にならない。(*^.^*)
とは言ったものの、やはりスコアーは気になる。まだまだ練習が足りないようでした。

-------------------------------------------------------
テラスダウンズも、ベストオブゴルフニュージー ランドにも選ばれている名門コースです。周囲を山に囲まれたゴルフ場で、まれに強風が吹き荒れる日もある。こちらもNZのゴルフ場にしては珍しく、アップダウンがかなりある。このゴルフ場の魅力はなんと言っても「空いている」事です。やはり人里離れたゴルフ場だけあって、クライストチャーチ市内のゴルフ場に比べてかなり空いている。なので、周りを気にせずにプレイが楽しめる。
Terrace DownsMillbrook Resort
5606m / Par72 white tee
住所: Coleridge Road, Windwhistle, Canterbury
電話:03 318 6943 http://www.terracedowns.co.nz/
-------------------------------------------------------
テラスダウンズ
【住所】
住所: Coleridge Road, Windwhistle, Canterbury
電話:03 318 6943
【コメント】
人里は慣れた隠れ家的リゾート。もともとは日本人が開発してオープンさせたリゾート地です。都会を離れてのんびりしたい人にはかなりお勧めです!ショッピングを楽しみたい人にはお勧めしないです。お部屋は、全てスイートタイプでキッチンや暖炉なども完備で、ゆったりと寛げる空間をもっている。
【ウエシュラン評価】
★★★★☆(4.5)
-------------------------------------------------------

P1030328
ゴルフが終わったら、テラスでこんな景色を眺めながらビールで乾杯!beer
くせになりそうです。(ムフ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

その5 マウントクック・プカキ湖・ハーミテージホテルシャレー★★★☆(3.5星)

皆さんこんにちは、ニュージーランドの個人旅行専門店・グローバルネットの上田です。今回の旅行はもう少し続く。クイーンズタウンを後にしてマウントクックへ移動しました。
P1030249
これなんだか分かりますか?そう、散水機です。げ~長げ~!100m以上はありそう。
P1030250
こっちはもっと長い!200mオーバーじゃない?
P1030252
この先がマウントクック方面なんだけど、雲っているな~。cloudあれ、雲の色がなんだか変だな?写真だと分かりずらいかな・・・?
マウントクックにたどり着いたけど、曇り空・・・。写真は明日にしよう。
P1030256
私が泊まったのは、ハーミテージホテルのシャレーというお部屋です。ベッドが3つもある!
P1030259
キッチンまで完備!でも今日は料理しないけどね。
P1030261
うゎ~なんでも揃っている!
P1030260
本当に全部揃ってる!
P1030264
そして翌日、朝のうちは少し雲があったけど・・・。
P1030268
その後見事に晴れました!sun さすがはスーパー晴れ男!誰が???AORAKIとは、ニュージーランドの先住民マオリ族の言葉です。「雲を貫く」という意味があるそうです。雲を飛び出してしまうくらい高いとマオリの人々は言ったのでしょう。(標高:3754m)ニュージーランドの公用語は、英語とマオリ語になります。マウントクック国立公園は、世界遺産にも指定されています!
P1030262
こんな山も。
P1030271
プカキ湖とマウントクック。この湖凄い色です!
P1030274
バスクリン入れたみたい!昨日の雲の色が違ったのは、この湖の色が反射して、雲が少し水色がかっていたんです。プカキ湖は、氷河の溶け水が流れ込んでいるので、こんなに見事は色なんですよね~。ある女優さんがこの湖を見ながら言っていました。
「水色って、この色の事なんですね~・・・」
-------------------------------------------------------
ハーミテージマウントクック シャレー
【住所】
Mt Cook, New Zealand (短い住所・・・)
Tel:  03-435-1809
【コメント】
エドモントヒラリーの資料館は、是非覗いてみて下さい。(世界初エベレスト登頂に成功したニュージーランド人で、5ドル札の肖像画にもなっている国民的英雄。)
マウントクック村には、ハーミテージとユースホステルと、もう一件のロッジしかないです。陸の孤島なのでなんでも高い!
【ウエシュラン評価】
★★★☆(3.5)
-------------------------------------------------------

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

その3 ダニーデン

皆さんこんにちは、ニュージーランドの個人旅行専門店・グローバルネットの上田です。今日は、ダニーデンを後にして、クイーンズタウンへ向かいます。Yさん夫妻はタイエリ鉄道に乗って、ダニーデン~ミドルマーチ間を移動してもらいます。私は、ミドルマーチまで車でドライブcarして、ミドルマーチでYさんご夫妻をピックアップする予定。その後は、車でクイーンズタウンまで行きます。
Dunedin6
ダニーデン駅。
Dunedin_26
違う角度から。
Dunedin7
タイエリ鉄道の看板発見。
Dunedin_52
駅内部。
Dunedin_40
タイエリ鉄道のオフィス入り口。
Dunedin36
駅ホーム。
Dunedin_31
こちらがタイエリ鉄道車両。
Dunedin_29
タイエリ鉄道車両。
Dunedin_37
駅構内。
Dunedin_42
さてそろそろ駅を出発して、車でミドルマーチ駅へ向かいます。ちなみに列車よりも車のほうが早く到着するんです。
Dunedin_59
途中こんな景色の中をドライブです。
Dunedin_64
ひたすらこんな景色が続きます。
Dunedin_86
そしてミドルマーチ駅到着。
Dunedin_81
これミドルマーチ駅です・・・。
Dunedin_85
線路に降りても怒られません。
Dunedin_90
タイエリ鉄道到着。そしてYさんと無事合流後、クイーンズタウンへ向けて出発。
Dunedin_69
途中ゴツゴツとした岩が沢山のエリアに。
Dunedin_75
ゴツゴツしている。
Dunedin_76
こんな景色見覚えありますか?実は、ロードオブザリングの撮影で利用された場所なんです。この場所を知っている人は少ないはず。
Dunedin_79
道中面白い雲があった。NZって面白い雲が沢山あるんですよね。
Dunedin9
こんな雲も。
Dunedin8
こんな雲もあった。
P1030127
しばらくすると、フルーツの町クロムウェルに到着。この町は沢山の果樹園があって、フルーツの産地として有名なんです。なので、町にはこんなフルーツの巨大モニュメントが。
P1030129
早速近くのフルーツ直売所へ立ち寄ってみました。
P1030132
その場でフルーツのジェラードを作ってくれる。
P1030131
この中に、フルーツとアイスクリームを入れてミックス・ミックス。
P1030133
出てきた、出てきた。
P1030134
私はストロベリー入りジェラードをオーダー!美味しい!
新鮮なフルーツで作ったジェラードは本当に美味しかった!さてクイーンズタウンまでは、あと少しのドライブです。
さて、宿泊はいつも利用するコプソーンレイクフロントへ。なんとスイートルームにアップグレード。ラッキーhappy01
P1030194
リビングルーム
P1030196
別の角度から。
P1030195
こちらは寝室。
P1030198
スーパーキングサイズベッドで、湖が見える部屋。
P1030151
ジャグジーまで付いていた!
今日は運転の疲れをジャグジーで癒やすのもいいけど、まずは冷たいビールが一番ですよね!beer

ウエシュラン・ガイド
-------------------------------------------------------
コプソーンホテルアンドリゾート・クイーンズタウンレイクフロント(長い名前・・・)
【住所】
Corner Frankton Rd & Adelaide St, Queenstown
Tel:  03-450-0260
【コメント】
クイーンズタウンでいつも利用するホテルの一つ。町から徒歩圏内。駐車場も無料です。
【ウエシュラン評価】
★★★★(4)
-------------------------------------------------------

P1030130
クロムウェルで、こんなの発見!巨大松ぼっくり!(りんごが小さいわけではないですよ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

その1 オアマル

皆さんこんにちは、ニュージーランドの個人旅行専門店・グローバルネットの上田です。11月中旬、日本から12日間の日程で知人がNZを訪れ、私も一緒に国内を旅行しました。クライストチャーチから車で3時間走ると、オアマルという町があります。この町の名物は、なんと言っても「ペンギン」です。NZ国内にはペンギンを見れるスポットが多数あるのですが、オアマルでは世界最小リトルブルーペンギンと、イエローアイドペンギンを観る事が出来ます。
P10209391
オアマルまでの道中にあった、菜の花畑。
P1020955
今日の宿泊は、キングスゲートホテル。オアマルにはこのホテルが1件だけなんです・・・。
P1020944
部屋の中。「狭い・・・けどこ綺麗」
P1020943
バスルーム「普通・・・」
早速ペンギンが見れる高台へ行く事に。
P1020952
標識にそってペンギンポイントへ。
P1020945
ここは入場が無料でペンギンを観察する事ができるんです。
P1020947
ペンギン観察小屋
P1020948
皆ペンギン探し
P1020951
「いた!」「どこ・・・?」肉眼では見えるけど、かなり遠いです。でもペンギン見れた!
ペンギンが見れるけど、かなり遠めでしか見れないので、是非双眼鏡を持っていってください。
でもこのオアマルでは、ブルーペンギンコロニーが人気なんです。夕暮れと共にペンギンが陸に戻ってくるんです。さて、夕暮れまでに腹ごしらえを。
Oamaru_1
イタリアンレストラン?フレンチレストラン?ふらっと入ったフィラデルフィオズレストランは、国内に4店あるレストランでした。
P1020957
食べかけのピザ・・・。すみません、写真撮るの忘れました。
P1020959
レストランの壁には、お客さんが書いたと思われる一言が。日本語もある。
P1020956
こんな姿のお客さんも。実はビクトリアンフェスティバルの最中だったので、当時の洋装でお出掛けだったようです。
P1020966
さて、いよいよブルーペンギンコロニーへ。ここにも標識が。
P1020963
コロニーへ到着です。
P1020967
オアマルストーンと言うこの地域で産出される石で作られたペンギン。「でかっ」
P1020968
入り口です。ちなみに会場に入ったら、ビデオやフラッシュをたかなくても写真撮影が禁止されているので、この先は写真なしです・・・。
この日は、約150羽のペンギンちゃんを見る事が出来ました。
とてもかわいいですよ。ちなみに、日本人観光客は私達だけでした。あまり知られていない、オアマルブルーペンギンコロニーへ是非お立ち寄り下さい。レンタカーが便利です。
翌朝町を散歩してみました。オアマルストーンで造られた建物が今でも沢山残っているんです。なんだかニュージーランドではない、海外に来たみたい・・・。
P1020993
銀行
P1020991
以前は、銀行だったようですね。
P1020989
それにしても平日なのに人がいない・・・。
P1020972
パブレストラン
P1020987
パブのガラスに写る、オアマルストーンの建物。
P1020971
当時は使われていたのだろうか・・・?「駐馬可能?その他はレッカーですって!」
Oamaru_13
本屋さんの看板も味がある。
P1020975
通りの名前が、壁に埋め込まれている。
P1020979
ユニオンフラッグが。
P1020981
なんだかこの椅子懐かしくないですか?
P1020984
自転車発見。
P1020983
自転車で「ハイチーズ!」
Oamaru_20
オアマルストーンの工場発見。
Oamaru_5
パン屋さんもオアマルストーンの建物です。
Oamaru_4
バーもオアマルストーンの建物です。
Oamaru_8
観光案内所もオアマルストーンです。とにかく全部オアマルストーンです。
Oamaru_22
この石の敷かれた道路は昔のままなのかな~?
オアマルを訪れたのは、かれこれ7年ぶりの事だった。

ウエシュラン・ガイド
-------------------------------------------------------
キングスゲートホテル
【住所】
115 Thames Street, Oamaru
Tel:  03-433-0480
【コメント】
オアマルにあるただ一件のホテル。他にチョイスがないので仕方ないか・・・。
【ウエシュラン評価】
★★★(3)
-------------------------------------------------------
フィラデルフィオズレストラン
【住所】
70 Thames Stree, Oamaru
Tel:  03-434-8884
【コメント】
ふらっと入ったこのお店は、国内に4店舗を持つチェーン店だった。なぜかフランス国旗のバイザーが気になるが、メニューはイタリアン。ピザはなかなか美味しかった。店内の落書きも面白い。
【ウエシュラン評価】
★★★☆(3.5)
-------------------------------------------------------
こんなのもオアマルストーンでした。
P1020988
「トイレ」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

リマーカブルズスキー場&コプソーンレイクフロント★★★★(4つ星)

皆さんこんにちは、ニュージーランドの個人旅行専門店・グローバルネットの上田です。先日ワナカトリップの時は、クイーンズタウンへも行ってきました。勿論スキーへ行きましたよ!ski
本日は、弊社をご利用頂きはるばる東京からお越し頂いた五十嵐様6名様と、いざリマーカブルズスキー場へ。図々しくも、ご一緒させていただきました!
P1020376
こちらの山道もダブルブラックダイヤモンドです!以前はガードレールがなかったのですが、新しく設置されていました。
P1020378
リマーカブルズスキー場到着。ん~ちょいと曇り空。cloud
P1020381
こちらはシャドウベイスンリフト。まず一本目はこちらから攻めます!
P1020382
リフト終点には、リマーカブルズのゲレンデマップが。
なぜ、シャドウベイスンを一本目に来たかと言うと、ここから10分ほどハイクアップをすると雄大な景色が拝める展望台があるのですが・・・。「どうですか?行ってみますか?」「どうする?」「どうする?」と雪上会議の結果「体力のあるうちに」と皆さん合意。「そうでなくっちゃ!」そして、ハイクアップする事約10分後・・・。sweat01
P1020383
ご覧のような雄大な景色が楽しめるのです!ちょっと曇っているけど、いつ来ても最高の景色です!
P1020386
皆さんお疲れ様でした。と思ったら速攻で、写真撮影タイム!camera
P1200154
見て下さいこの笑顔!good
P1020388
私も笑っている?
ちなみにここ結構危ない。「風が強いですから、帽子や手袋飛ばされないように!もし飛ばされても追いかけではだめですよ~。」
P1020385
「だって、断崖絶壁だから」写真だと分かりづらいかな~・・・?
さぁ~滑るぞ~!どこ滑ろう・・・?
やっぱり「体力のあるうちに」ホームワードランでしょ!今日の合言葉「体力のあるうちに」scissors
P1020389
どうやって写真撮ればいいのか分からない・・・。この写真で雄大さがわかりますか?山の稜線のほうに、スキーヤーが5名写っています。
P1020393
雄大さが分かんね~だろうな・・・。もっとカメラの腕上げます。
P1020392
ホームワードからコロネットピークを望む。
P1020397
こちらは、「シュガーボウル」です。目の前に広がるカービングバーン。気持ちよかったっす。
P1020399
ここ数年でパークもかなり充実してきた。
P1020401
充実している。
P1020404
なんか意味あるんやろか?cat

いや~今日1日良く滑りました。お疲れ様でした。
五十嵐さんグループまたNZ来てくださいね!お待ちしております!

リマーカブルズスキー場
http://www.nzski.com/
ベースとなる街は、クイーンズタウンです。

そのクイーンズタウンへ泊まりました。今回お世話になったホテルは。
Gaikan_1
コプソーンレイクフロントアンドリゾートです。
P1020355
こちらのお部屋は、スーペリアタイプ。
Restaurant_1
朝食ビュッフェコーナー。

ウエシュラン・ガイド----------------------

【住所】
コプソーンレイクフロントリゾート
27 Frankton Road, Queenstown
Tel: 03-442-8123
 
【コメント】
街からは徒歩10分ほどですが、さほど距離は感じない。その分リーズナブルな料金で宿泊可能です。今シーズンは、JAPANナショナルチームもこちらに宿泊していました。勿論我社グローバルネットの手配です。ジャグジーもあるので、水着をお忘れなく!

【ウエシュラン評価】
★★★★(4つ星)

--------------------------------------

オマケの一枚
P1020405
リマーカブルズスキー場のトイレです。合理的でしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月31日 (金)

ノボテルレイクサイドクイーンズタウン★★★★(4つ星)

皆さんこんにちは、ニュージーランドの個人旅行専門店・グローバルネットの上田です。さて、クイーンズタウンでのお宿は、いつも利用するノボテルレイクサイドクイーンズタウンです。街中にあって立地条件もいいです!
P1010249
2年ほど前に全館改装とそれまで3階建てだったのですが、4階建てに増築しました。
Img_3007
今回は、プレミアムルームです。
Img_3009
違う角度から。
Img_3012
バスルームです。
Bar
バーエリアです。
Bar_1
こちらもバーエリア
Restaurant
こちらは中二階にあるレストラン
Restaurant_4
暖かい食事コーナー
Restaurant_5
コンチネンタルコーナー
Restaurant_2
コーヒーバーに
Restaurant_3
ジュースバーもある
Restaurant_8
これは珍しい、ワッフルコーナー
Spa_1
スキーで冷えた体はジャグジーで暖めよう!
Laundry_1
コインランドリーもあります!

ウエシュラン・ガイド----------------------

【住所】
Novotel Lakeside Queenstown
Cnr Earl & Marine Pde, Queenstown
Tel  03 442 7750
Fax 09 442 7569
 

【コメント】
改装しただけあってとても綺麗です。街の中心部にあるのでレストランへ行くとき、街をぶらぶらするときなどでもとても便利!中心部にあるからと言ってもとても静かなロケーションにあります。

【ウエシュラン評価】
★★★★(4つ星)

--------------------------------------

そうだ大事な事を忘れていた。

Img_3031

スキーシーズンは、ノボテルにグローバルネットのツアーデスクがありますよ!ホテルのご予約もお任せ下さい!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

ホテルグランドチャンセラーオークランド ★★★☆(3.5星)

皆さんこんにちは、ニュージーランドの個人旅行専門店・グローバルネットの上田です!
忘れてました。オークランドに行ったときに泊まったホテルのコメントを・・・。
今回宿泊したのは、ホテルグランドチャンセラーと言って、オークランドに2件、ウェリントンに1件、クライストチャーチに1件とNZ全土に4件のホテルを所有するホテルチェーンです。
オークランドの中心部にある立地条件はとてもよいホテルです。ほらすぐ後ろに、オークランドのシンボルでもある、「スカイタワー」が見えます。
P1010511

ホテルの外観です。
さてお部屋を見てみましょうか?今回は、1 Bed Room Suitesに宿泊しました。
1bedroomapartment_4
へぇ~キッチンつきだ。
1bedroomapartment_5
かなり本格的なキッチンです。
電子レンジに、電気ポットに、トースターに、フライパンやお鍋まで全てそろっています。
1bedroomapartment
食器棚にはお皿も入っているよ。ワイングラスにコーヒーカップも。
冷蔵庫もかなりでかい。うちの冷蔵庫より大きいのでは・・・?
1bedroomapartment_2
シャワーにバスタブもついているよ。日本人にはバスタブが嬉しいですね。
1bedroomapartment_1
なんと洗濯機と乾燥機も完備。全て無料で使えます。
1bedroomapartment_2_2
トイレと洗面台。
1bedroomapartment_6
お部屋はこんな感じです。テレビにソファに、ちゃんと机あるので、仕事も出来ますね。勿論インターネット(有料)出来ます。
1bedroomapartment_7
もい一枚違う角度から。正面奥はベッドルームです。
1bedroomapartment_9
ベッドルームです。(クイーンサイズベッド)
1bedroomapartment_14
このホテルは、景色が素晴らしい!
窓の外には、オークランド湾が一望できました。
1bedroomapartment_15
窓から見える景色もう一枚。バイアダクトエリアと、遠くにはハーバーブリッジまで見えました。
Htl_4
レストランも勿論あります。
Htl_7
ジムだってある!
Htl_9
温水プールも!
Htl_10
サウナだってある!
参考までに普通のホテルタイプのお部屋の写真も掲載しますね。
Studio_4
ダブルルーム。
Studio_2
お風呂まわり。
Studio_1
ホテルタイプの部屋にも、キッチンが付いているのが嬉しいです。

ウエシュラン・ガイド----------------------

【住所】
Grandchancellor Auckland
1 Hobson Street, Auckalnd
Tel  09 356 1000
Fax 09 356 1001


【コメント】
グランドチャンセラーは、3つ星クラスのホテルになりますが、充分な施設とお部屋でした。
一つ気になるのは、週末は車の騒音が少しきになるかも・・・?
あと、オークランドの3つ星クラスホテルは、クライストチャーチやその他の地域に比べると、お部屋が少し小さいです。このグランドチャンセラーも、普通のホテルタイプの部屋は25平くらいで少し小さめです。まぁ~日本の3つ星ホテルに比べればまだ広いほうなのかな???

【ウエシュラン評価】
★★★☆(3.5星)

--------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)