ワイン

2010年1月15日 (金)

その1 マールボロ旅行

皆さんこんにちは、ニュージーランドの個人旅行専門店・グローバルネットの上田です。年末年始のお休みを利用して、マールボロ地方小旅行へ行ってきました。今回の目的は、マールボロ地方のワイナリーと、私が18年前にお世話になった、キーウィのおじさんとおばさんに会いに行くのが目的でした。さて、本日の目的地ブレナムへ向けて出発です。
P1030457
道中ケケルングにあるカフェでちょっと休憩です。これはカフェの看板と言うか道路標識です。
P1030458
ザ・ストアーというカフェ。このカフェには少々驚きました!upwardright
P1030462
何に?この店内見てください。ここ何処???と錯覚を思わせるようなインテリア。
P1030461
すぐそこは、海です。なんだか南国に来たみたいです。あっNZも南半球で南国か。think
P1030464
お店のバルコニーから見える景色。
P1030467
テラス席。
P1030469
テラス席から海に続く階段。
P1030481
カフェを後にして、一路ブレナムへ。海岸沿いのドライブって気持ちいいですね~。car
P1030486
そうこうしているうちに、ブドウ畑が。
P1030485
ブドウ畑ばかり。そうブレナムを含むマールボロ地方は、ニュージーランドでもワインの産地として知られる地区なのです。
なんとか無事にブレナム到着。明日の観光に備えます。
P1030491
翌日もよく晴れてくれました。さすがはスーパー晴れ男!sun
ブレナム市内の噴水。人口は26000人らしいです。
P1030545
市内メイン通りかな?まだクリスマスの飾りが・・・。
P1030500
シーモアスクエアーにある、クロックタワー。
P1030506
クロックタワー。
P1030497
第一次世界大戦記念碑らしい。
P1030495
シーモア広場と、クロックタワー。
さていよいよ、今回の旅の目的でもあるワイナリー巡りへ。
P1030508
本当にブドウ畑ばかりです。今日は5箇所のワイナリーを制覇するぞ!
P1030518
最初は、「ハンターズ」からです。
P1030511
夏の日差しが眩しい。
P1030510
ここは、レストランもある。
P1030513
こちらがセラードアーです。
P1030515
自慢のワインが並ぶ。
P1030516
さっそく試飲を。
P1030514
試飲を楽しむ人々。勿論お気に入りの一本を購入する事も出来る。
P1030521
次は、日本でも名の知られている「クラウディーベイ」へ。
P1030523
結構混んでいるな~。
P1030525
中も結構混み合っている。さすがはクラウディーベイ。
P1030528
ガラスの向こうでは、おそらくワインの品評会が行われていた。
P1030529_2
このリストから5種類のワインテイスティングが出来る。クラッカーも食べ放題?
P1030531
ワインセラーに入る事が出来ました。
P1030533
フランス産のオーク樽だった。2008年に樽詰めされたのかな?
P1030538
次は、クラウディベイの向かいにある「アランスコット」です。
P1030539
正面玄関入り口。
P1030541
こじんまりとした建物。
P1030542
テイスティングルーム。ワイルドな女性がサーブしていた。なんと今回訪れたワイナリーで唯一テイスティング有料だったのが、このアランスコットだけでした。
P1030548
さて、次はニュージーランド最大と言ってもいいかな?「モンタナ」です。大分雲行きが怪しくなってきた。
P1030552
天気がよければ外のテーブルでランチもいいですね。
P1030554
屋内レストラン風景。
P1030550
テイスティングルームへ。
P1030557
へぇ~広~い。
P1030556
当然ですが、ワインも沢山の品揃え。
P1030555
スパークリングワインもある。
P1030561
さて最後は、「ビラマリア」です。
P1030563
お洒落なメインビルディング。
P1030565
テイスティングルーム内。
いやいや、とりあえず予定していたワイナリーは全て制覇できました。
今回訪問したワイナリーは、全部で5件です。
Hunter's Wine
Cloudy Bay
Allan Scoot Wines
Montana
Villa Maria

P1030567
ブドウ畑の中にこんなのもありました。お口直しにさくらんぼはいかがですか?いや~それにしてもよく飲んだwineとりあえず今回は、クラウディーベイでワインを購入しました!それだけです。m(_ _)m えっワイナリー間の移動ですか?飲んだら乗るなですよ。car

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

ワイヘキ島観光 (ワイナリー巡り)

いやいや、中3ヶ月も空いてしまいました。そもそもブログってなんだろう?あるWebサイトには、「継続して更新される日記形式のウェブサイト(ホームページ)の総称」とある。3ヶ月も空いてしまっては、「断続」と言うには・・・。
でも気を取り直して。
皆さんこんにちは、ニュージーランドの個人旅行専門店・グローバルネットの上田です!
3ヶ月の間にいろいろあったのですが、まずはオークランドへ出張した際の事から。

今回は、週末をはさんでの出張にして、オークランドの知られざる魅力を見てみようと企んだのです。

目的地は、ワイヘキ島(Waiheke Island)です。
オークランドの港から、わずか35分のクルーズで、ワイヘキ島へ到着します。
P1000739
フェリーから見たワイヘキ島
P1000742
ワイヘキ島フェリーターミナルは、観光案内所になっている。
P1000744
前もって調べていたオートバイのレンタル屋さんへ
この日は、原付バイク50ccを借りようと心に決めてワイヘキ島へ渡ったのです。
夏の天気の良い日は、「バイク」に限りますからね。sun
ちょっと待ったpaper なんと原付以外のオートバイもある!20歳前は中型バイク(400cc)で、湘南を流した俺の血が騒ぎ始めた。「原付よりも気持ち良いだろうな~」「でも久しぶりだしちゃんと乗れるかな・・・?」気が付いた時には、250ccのオートバイを注文していた。なんと20年以上オートバイに乗っていなかったので、少し不安・・・。レンタルのお兄さんが、「ちょっとあそこまで行ってUターンして戻ってきて」後で聞いたら、なんでもスタッフの見ている前でちゃんと運転できるかどうかテストをするらしいのです。そんなテストもなんなくパス!では行ってきま~す!
P1000762
この日借りた スズキGN250 なんだかこんなに250ccって小さかったかな?と思うくらい小さい。もしかして、自分のサイズが大きくなったとか。( ̄○ ̄;)!

さてワイヘキ島といえば、やっぱりワイナリーです!
この日は、2件のワイナリーを訪れたのですが、まずはMud Brick(マッドブリック)へ行く事に。
P1000746
Mud Brickの入り口
P1000748
レストハウス
P1000749
Mud Brickからの景色
このワイナリーはレストランの雰囲気が凄く良かったです。(レストハウス内の写真がないのが残念)景色もこれまた最高です。きっと料理も最高かな?

さて、次に来たのがStonyridge(ストーニーリッジ)です。
P1000759
ワイナリーの入り口
P1000757
とてもかわいらしい建物なんだかヨーロッパに在住していた頃を思い出させます。
P1000756_2
バーエリア
P1000753
レストラン
P1000752
ワイナリーからの眺め(マッドブリックに比べると・・・)ランチを取るならマッドブリックですね。

さて、あとは島内のツーリングを楽しむ事に。
P1000763
海の色がとてもGoo!rock
P1000765
記念撮影good
P1000767
本当に綺麗な海!
P1000768
あらら、午後になって少し雲が出てきたぞ。
P1000770
1日だけの愛車。
P1000772
曇も出てきたが、まだ晴れ間も覗いて気持ちいい~!

でもそろそろレンタルを返す時間なので、フェリーターミナルへ戻るとしよう。
午後少し雲は出てきたものの、ポカポカ陽気で1日楽しめました。なんといっても、20年以上乗っていなかったオートバイに、しかも50ccの予定が250ccに乗れたなんて、ちょっと型は古かったけど大満足な1日でした!
P1000773

ワイヘキ島フェリー乗り場

さて、フェリー乗り場に到着後、オークランドへ戻り無事ワイヘキ島観光も終了。

この日訪れたワイナリーは。
Mud Brick
Phone 09 372 9050
Fax 09 372 9051
Email info@mudbrick.co.nz
http://www.mudbrick.co.nz/
ランチはここで取るべし!

Stonyridge
Phone 09 372 8822
Fax 09 372 8766
Email info@stonyridge.com
http://www.stonyridge.co.nz/wine.html
NZでもかなり定番のワイナリーです。

ワイヘキ島行きフェリーチケットの手配は、グローバルネットにお任せ下さい。フラーズのチケットを手数料なしで手配いたします。ワイヘキ以外の島もお任せあれ!
またフラーズでは、フェリー乗船チケットのほかに、フェリーとワイヘキ島でのワイナリーツアーなどが組み込まれたものもあるので、利用する価値あり!ツアーを利用すれば、レンタカー・レンタルバイクを利用する必要もなく、バスで島内を案内してくれるので安心です。
http://www.fullers.co.nz/

オークランドでの自由行動日は是非ワイヘキ島へGo!ship
ちなみに、レンタカーだとワインのテイスティングできないのでご注意を!
えっ私ですか、勿論お酒飲まなかったですよ。って事にしておきます。(ムフ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)